ガメチン二見漁港拡大画像4








本堤画像。

上は最初の角になるテトラのクロダイ、メバルポイント。
テトラは小型で乗り易い。
本提中間部のテトラの切れ目付近で竿を出す人が多いが、先端以外でのクロダイ実績が高いのはここ。

中はアオリイカポイント。
上に書いた通り、テトラの切れ目だが、意外に上物の実績は高くない。
それを狙うなら、むしろ、先端から、その手前だ。

下は中間辺りから先端を望んだ。
歩くのが嫌でこうなった。m(__)m
内側の僅かな突堤の幅は2mほど。
本堤との高低差は1mほど。
無理をすれば2人が立てるが、ダンゴ師が占領するにはちょうど良いポイント。
ただし、実績は聞いていない。

先端は二見を代表し、また、数ある防波堤ポイントを代表する1級ポイント。
特徴は、度々、強力な潮が走ること。
渦巻く事も少なくなく、そこからクロダイはもちろん、良型のスズキ、マダイが、丸々太ったソイが抜き上げられてきた。

戻る