ガメチン両津港南提拡大画像2






若干、補強された民間柵。
通り抜けはワケがないが、どうしても地元環境を優先させなきゃならない島外の遠征組は、気の抜けない状況が続く。

昔は、広い岸壁をグルリと回れば、結局は堤に辿り着けたが、今は不明。

戻る